BonsBat(win)

実行画面

▼Ver1.20 2021-07-03

01:メニューに「Jpn/Eng」を追加しました。日本語と英語の切替が可能となりました。

▼Ver1.10 2019-08-29

01:起動時の引数にファイル名の指定を可能にしました。

02:メニューに

「コマンドラインでファイル名が渡された場合は、自動で開始」

「コマンドラインでファイル名が渡された場合は、自動で終了」

を追加しました。

2019-07-25 BonsBat を公開しました


▼annsFM のマクロファイルを実行します。

有効なコマンドは以下です。


「-KR(プログラム実行) 」

4. ファイルの指定は、BonsBat.exe ではファイル名は無視されます。

実行時の現在行を表示するために、2秒間のタイマー使用しています。


1. -KR

2. 実行プログラム名を記述(フルパス)

フルパスの実行プログラム名の前に"/"を記述すると、カレントフォルダをその実行プログラムのあるフォルダに移動してから実行します。

3. 実行プログラムに渡すパラメータを記述

4. ファイルの指定

行頭に"/"のみ : カレントまたはタグファイル

行頭に"/Q" : カレントまたはタグファイル名を""でくくってプログラムに渡す

先頭に"/"なし : ファイル指定なし


「-EWT(ウェイトタイマー) 」

2. 時間の指定は、BonsBat.exe では制限はありません。

実行時の現在行を表示時間は、設定された時間と同じ時間となります。

表示のために、最低でも2秒間の設定にして下さい。


1. -EWT

2. 時間

待ち時間をmsオーダーで記述。(1秒 = 1000)

最大10秒まで設定できます。10秒以上を設定した場合は、10秒となります。